忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再び「宇都宮まちづくり市民会議」関連の話です。
これは、H19年度公表の「宇都宮市総合計画」にて唱い、政策として進めてゆく課題、施策、事業を公募の市民達が18ヶ月かけて議論そして提案する、といった位置付けです。
各分科会での話とは別に、市も「部会」という形で、関連課が寄り集まった会があり、市民会議より”抜けのない”内容の総合計画項目を検討しています。
先日、その部会と我々分科会とで合同会議を行いました。
目的は、お互いの議論している内容の相互把握と質議、意見交換を通して、実質施策を決めてゆく部会にて分科会からの内容を整理する、という感じ。
我々市民会議は、「宇都宮を日本一住みやすい街にする」という大目標に向け、先に挙げた重点課題を抽出し、交通、住、景観、環境分野での施策、事業例を考えるという流れの思考なのだが、市側は文字通りのタテ割。交通は交通、環境は環境、景観の為の景観事業。つまり、1施策に対して1担当課の中での話になってしまっている、という印象でした。

政策って確かに事業自体の発案や実行は1担当課なのかもしれないけれど、あくまでそれは市の目指す大きな目標の為の1要素です。こうして考えると、「政策の企画-検討-絞込み-施策化そして関連課への役割当て-管理-方向修正-評価」を担当する、いわば政策ディレクターにて構成される少人数のチームとその室が必須だと思います。施策実施の手法についても、学術関係者や、他地方都市、市政研究センター等とのニュートラルなコミュニケーションを取りつつ、創造的なスタッフの基地としての「室」として位置付ける。といった存在。スタッフは庁内から匿名立候補の上、面接にて選定。市長直属のチームとしてもいいかも知れません。死なば諸共、みたいな感じで。

政策は事務仕事で片付けるモノではなく、現状課題と将来予測から総合的にデザインしてゆく、相当な創造力と企画力が求められるものである。それに相応しいスタッフ、場所、権限、責任さらには空間を用意し進めていくべきなんじゃないかなぁと。
実際に、SONYとかOLYMPUS、TOYOTA等の会社は、新しいコンセプトを産み出し、企業の将来を導くコンセプトスタッフ、クリエイティブルームというようなものを特別に設けていたりします。
市も約50万人抱える大企業。創造性なしに将来を生み出せるワケないですよね。

例えば庁内か市庁舎の近所にこんな「政策ディレクター室」はいかが?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone