忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イベント告知です。
tの所属する企画チーム「NOMO」のアートイベント第1段。

来て体験しても絶対に人に説明できない、
来た本人しか得られないものを
持って帰ることができる時空間を用意しています。

-----------------------------------------------------
平成18年度 文化庁「文化芸術による創造のまち」支援事業
ノモプロジェクト01  「空間と音のトルネード」

日時  : 2006年10月14日 土曜日
      17:00開場、17:30開演
場所  : 宇都宮市馬場通り4丁目 
      通称)ゴータクビル東端1F
主催  : 「アートによる地域創造」実行委員会
入場料 : 1,000円(1ドリンク含)
チケット購入等、お問合先
    : 事務局 028-660-5232 karada-info@yahoo.co.jp

通称)ゴータクビルを舞台にした、空間を音によって満たし、支配し、変容するアーチスト角田俊也によるサウンドパフォーマンス。そして新しい視点で不動産を発見し、紹介していくサイト「東京R不動産」の主宰者である吉里裕也による事例紹介。
必要なのは人と日常的な場を繋げること。時には創造的行為で街を「冒す」こと。

ゲスト
1、角田俊也(アーチスト)
 1964年神奈川生まれ。東京藝術大学大学院修了。
 音響現象に関わる作品制作を実践。Hapna、Lucky Kitchen、
 Sirr等のレーベルからソロCDを出版。主にフィールド録音と
 インスタレーション制作を行ってきたが、最近は狭義の音楽
 にとらわれないコンポジション制作にも取り組む。
2、吉里裕也(デベロッパー・アーキテクト)
 2004年SPEAC,inc..代表取締役/「東京R不動産」ディレクター
 1972年生まれ。東京都立大学工学研究科建築学専攻修了。
(株)スペースデザインにて不動産開発に従事。
 2004年、SPEAC,inc.を設立すると共に、「東京R不動産」を
 共同主宰。

<ノモプロジェクトについて>
文化庁支援により発足したノモプロジェクトは、「場の育成」、「人と場の関係の育成」を目指すアートプロジェクトです。衰退し続ける市街地を、創造的行為によって人が集まる場にすること、人が集まることのできる場の可能性を経済的視点も含め示し続けます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone