忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、市内のとある専門学校にて授業をしてきました。
なぜか、「製菓科」。
来年から、パティシエ/パン職人として
社会に出てゆく人達が相手です。
事務局長さんに聞いてみたら、
どうやら「空間デザイン」という授業枠があるらしく、
そこをお願いしたいと。
前任者は、自分のお店づくりシミュレーションをしていたらしい。

tは甘いものは大好きだけど専門的なことは分からないし、
生徒達も社会にでる前の漠然とした時期では
「自分の」店づくりも、遊びで終わってしまうだろうと思い、
ここはひとつ、「ものづくり」という共通点、
それを個々人が見直せるような時間にすることに。

課題は2つ。
1、「私のお菓子」
2、「特定条件のお菓子」

1は、「私」を語る、皆に知ってもらう為のお菓子。
言葉を使わずとも、見て味わえば伝わるお菓子を考え、プレゼン。
2は、「いつ」「誰が」「どこで」使うお菓子かを
ランダムに設定し、相応しいお菓子を考え、プレゼン。

1では、自己確認の難しさとその「モノ化」に皆四苦八苦。
2では、無茶な状況を想像するところで四苦八苦。
合わせて、プレゼンの不馴れさに四苦八苦。
1よりも2の方が比較的スムーズに「モノ化」してました。
1の落とし穴は、見た目や作者の好みに走ってしまうこと。
2では、状況に相応しいのではなく、
その状況を「表す」お菓子を考えてしまうこと。
tの狙いは、2の中に、1がどれだけ反映できるかを知ること。

状況をどれだけ深く読込み、
そこで本当に必要とされていることを想像し、
「私」のできる、「私」にしか出来ない答えを出すこと。
他の人でも全く同じ答えが出せるような考え方/モノでは、
わざわざ「私」が考え、作る社会的意味がない。
ものづくりをする「私」の存在意義さえない。
というようなことを、自分に言い聞かせながら話してきました。

なかなか楽しかったです。
先生/生徒というよりも、
ものづくりをする仲間という気持ちでできたし。
帰りにたくさんお菓子/パンを頂けたし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone