忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふじようちえんです。
この記事で「見に行ってみないとちゃんとした評価が言いにくい建物です」と書いた手前、
見てきました。
いやいや、これは相当ハッピーな仕事です。

小1時間程ですが時間外にも関わらず、
幸運にも園長さんの案内の元、園内を巡らせて頂きました。

この園長さん、非常に気さくな方なのですが、
子供の教育法、といっても机上のものではなく、
「人間って本来そうやって育つもんだ」という信念を明確に持っていて
かつ、自分の言葉でシンプルに人に伝えられる方です。
明確で本質的な信念とそれが実行できる覚悟を持ち合わせた方でした。
こういう方と出会う事が僕のような仕事をしてる者にとって物凄く重要で、
それよりもこういう方に認めてもらう存在になることがその前に重要でして。
物凄く刺激を受け、濃密な時間を頂けました。

いうなればこの幼稚園はこの園長さんの信念を「ただ」形にしただけなのです。
しかし日常建築業務に関わっている僕にとって、それがどんなに困難なことか。。。
サッカーでも他の業種でもなんでもそうだけど、
「当たり前の事を当たり前のようにやる」ことがなによりも一番難しいことです。
子供の問題、父兄の問題、コストの問題、法規的問題、安全面の問題、
そして「子供が何をどのように学んでいくか」という問題 等々。。。
問題と言ってしまうと本当に問題になってしまいますが、
そうは思わせない建物であり、関わった人達の関係性であり、それが創り出した空気感があります。
ということは、園長さんの相当な覚悟が必要なことを伺わせます。
今はなんやかんやと、とにかく安全で、とにかく衛生的で、とにかく楽ちんで、
どこにいても何もしなくても平等に陽が当たって風が通って、
だれもがそれなりに「快適である」ことが求められます。
ましてや幼稚園では、園児が転んでもケガしないようにとか、園庭の土を食べてもお腹を壊さないようにとか、暑さ寒さで身体に刺激を与えないようにとか、「守る」ことばかり考えられているように思われます。
でも危ない事をすればケガするし、自分で気をつけないとカゼをひくのは当たり前の事。
そうやって当たり前の事を学んでいくことがイヤなら、自分の幼稚園を選択しなければいい、
という考えの方です。そりゃそうです。
でもこの幼稚園を選択する理由もはっきりしています。それが重要なこと。
ウリのはっきりしない幼稚園は、
園舎を原色にしたりバスに凝ったり形ばかりの食育に走ったりと、見た目や響きの良さを重視した、
「大人が思う子供が好きそうな/子供に良さそうな感じ」に仕立て上げます。
これは子供にとってはさほど重要でないことに思えます。
「当たり前の日常を自分なりにどのように対応していくか」を学ぶべきではないか。

全てが直感的に理解できるつくりになっています。
実際にみてみると、大人であれば「そりゃそうだろう」と思う内容かもしれませんが、
子供にとってみれば、「こうするとこうなるからこうする」ということが
1対1で理解できるわけです。
「ヒモを引けば電気が通って電球が点く」「水を出すと足が濡れるから蛇口を閉める」
「風が入って寒いから窓を閉める」「秋になると気温が下がるから紅葉する」とか、
各所にある様々な機能が「理解する装置」と化しています。

建築的には歪んだ楕円形で、行き止まりのない空間が続きます。
屋根も同様。所々に既存のケヤキの大木が突き抜けています。。。
とかなんとかの説明は、この建物ではあまりしたくないのが正直なトコです。
僕が本当に見たかったのは、ここで巻起こる空間と人の関係です。
園児が、父兄が、近所の人が、先生が、そして園長さんが
どのようにこの空間と関係しながら過ごしているか。
今度はそれを体感しに伺おうと思います。

僕はどんなに綺麗で、かっこ良くて、斬新な建物を見ても基本的に何とも思いません。
でもこの建物のように、関係者が深く深く絡んで、
本質を追求し合ってこそ出来上がる空間があると、悔しさを覚えます。
今はまだこのような仕事を託してもらえないレベルにいる自分への悔しさ/もどかしさを堪能します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
学生です。
今日、初めてtさんのこと、そしてtさんたちがなさっていることを知りました。

自由に改装、ペイントが出来ちゃう賃貸物件って宇都宮のは無いもんなのかな…って引越しを考え出した去年あたりからずっと考えていました。

今日M.E.Tのサイトに出会えたのが嬉しくてしょうがないです!ホントに。載っていた喫茶店に何度か行ってたので、上借りれるんか~!!なんて思ったりしました。

味のある物件に住みたい!住めたら宇都宮に就職したいかも!!なんて考えているので、サイトの方、チェックしていきます。物件情報、楽しみにしていますねё
okaka 2007/12/03_Mon_:26:56 編集
貴重な
M.E.Tサイト訪問、ありがとうございます。こちら、本気で物件紹介してます。しかしこういうことがばっちり伝わる栃木県ではない(特に提供側が)為、まずは読み物として楽しんでもらえればOKと思い、続けています。
「味のある物件に住めたら宇都宮に就職したいかも!」なんて、かなり奇特な方ですねぇ。そういう方、好きです。是非宇都宮に残って下さい。街には「好んで住まう人」が一番大切な存在ですから。
t 2007/12/08_Sat_:42:03 編集
無題
幼稚園のホームページみました。
この多摩美の設計監修の方はその道じゃ有名な方なんですかね。

しっかし、遊園地みたいですね...(笑)。
広くて開放的で自由な感じはしますが、子どもの管理や使い方をどんな風にしているのかがちょっと気になりますね。個人的にはこじんまりが好きなので。
あくまで個人的にですよ。

ウリの無いのはダメか。
確かにバスに個性をかけているのは馬鹿馬鹿しいきはしますね。
ちょっと贅沢というか、あたえすぎ感はある気はします。
でもおもしろいね。

子どもたちが空間で、この構造物と機能している感じをみてみたいですね。そこに何か感じることがでてくるのでしょうから。
マツシマヒデキ URL 2007/12/11_Tue_:41:18 編集
無題
MIXIよりM.E.Tのサイトにたどり着きました。
私は手塚研究室の学生だったのですが、ふじようちえんの感想をもう少し、建築的な観点でご意見きければ参考になります。
幼稚園というプログラムであの空間をつくる。
そこには、子供や園長先生、保護者などいろいろな思想や観点があるのでユーザーとしての意見はいろいろあると思います。
しかし、そういった設計条件を前提の上で、設計者よしてなにが空間的な提案があったかと思いますか?気がついたことでもよいのでご意見ください。

また、「東京R不動産」的な地域の物件を生かす事業はとても興味あります。需要は結構あるのですか?
それと御社は宅建と一級建築士の資格はもっているのでしょうか?
akutsu 2009/02/05_Thu_:46:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone