忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
今回は泊まった宿について。

胡乱座(うろんざ)といいます。
1898年築の町家をまじめに改装(補修)した宿です。
魅力はなんといっても「町家に泊れる」に尽きます。
しかし部屋は相部屋。知らない人と布団を並べて眠るのです。
幸い、当日は僕も含めて2人しかいなかったので、6帖間は一人占めでしたが。
もう1人は結局顔も見ず。
でも誰かが相部屋でも、それはそれで許せる感じでした。
なんせ宿代は2000円台。
でもお風呂もトイレも洗面ももちろん共同ですが、きれいなモンを使ってるし、
なによりも坪庭脇の喫煙所でのタバコ時間が幸せでした。

通り土間    火袋(高さ7M!)    坪庭

俗に言う「うなぎの寝床」。間口が狭く、奥行きが非常に長い。
玄関を潜り、通り土間(外)を抜け、奥の棟に宿泊部屋があります。
お風呂、トイレ、洗面は通り土間沿い。
つまり、寒いんです。京都の冬は寒い。
しかし京都の夏は、盆地の夏。かなりキツい。
だから町家は夏をいかに涼しく過ごすか、を重視しています。
結果、坪庭を中心に生活が営まれます(ある種排他的な気性もここに由来するのかも)。
坪庭と火袋がつながり熱の抜け道となり、風が抜けます。
しかし冬も同様に熱が抜けるのですが。。。
寒さはともかく、坪庭を囲んだ生活スタイル、空間の細長さ(上にも奥にも)が
妙に身体にフィットするのです。
いい感じのスケール感、親密感。そして圧迫感。
それらが不思議な落着きをくれます。

1泊しかしませんでしたが、次回はオフシーズンでない時期に来て、
宿泊客同士がどのようにここで過ごすか、を体験してみたいです。

しかし、町家の写真はどうしてもタテになりますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわー
栃木物件紹介が見れなくてざんねんです、、、
嫁が追い炊きできる素敵な町屋風の家があるといいなーって楽しみにしています。京都はいかがですか?いろいろとアップしてくれるとうれしいです。じゃっ ターボ
t 2008/02/25_Mon_:58:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone