忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の続き。
この日のメインは足利花火大会だったんですが、
その前にラーメンを食べに佐野市街地へ。
市街地ってどこだ?と思う程閑散極まりない状態。
土曜の夕方なのに。。。歩行者も車もいない。
あんなにアウトレットモールは人が居たのに。。。
しかし、建物自体は面白い。
写真のような駅前の喫茶店、町家、商店、洋館等々。
どうやらここも鹿沼や今市と同様、日光への宿場街だったとか。
上の2市と違い、今ではその街道からかなり離れてしまったせいか、
結構軒を連ねて明治〜昭和初期の建物が残っています。
この洋館なんて、今だに医院として使っていました。
この日は急ぎだったんですが、今度ゆっくり探検してみたいです。
それにしても、×市街地ー○郊外の構図を
あまりにも明らかに体験してしまい、少々凹みました。

その市街地にポツリポツリと赤暖簾のお店が。
どこもかしこも閉まっていたが、1,2軒なんとか開いていました。
厄よけ大師前にお店を決め、基本の「ラーメン」を注文。
おぉ、全てがベーシック。。。
鳥ダシの醤油スープ。具はチャーシュー、メンマ、のり、
ホウレン草、そしてナルト! 器はドラゴン!
予想外な満足感を得られてしまいました。

そして足利花火へ。
残念ながら宇都宮花火大会は諸事情によりなくなってしまったのですが、
ここは100年間90回も続けているんです。しかも2万発。
tは花火が好きで、特にあの音が好き。
会場である渡良瀬川の広大な河川敷は混雑してなくって、
至近距離なのにゆったり横になって花火が見れました。
tは最近のハート型やイラスト型の花火は好きでないのですが、
ここは結構ストイックで、尺玉連発。ズシンと響く。
在英期間をはさんで4年ぶりのtにはかなり良い花火大会でした。
足利は歴史が比較的生きていながらも
新しいことに街として挑戦していて注目はしていたのですが、
更に目が離せなくなりました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone