忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お盆休みを利用し、「越後妻有アートトリエンナーレ2006」に行ってきました。
これは、棚田のきれいな山奥、新潟県妻有地域(南部)全域で3年毎に行われる芸術祭です。
tはこれで3回連続、皆勤賞。
宇都宮から車を走らせ、6時間で会場に着きます。
フジロックから少し足を伸ばしたと思えば近いもんです。
毎回50程度の作品が常時設置となり、今回は329作品展示となりました。
web site等で事前情報を入手し、3日間で72作品巡ってきました。
この芸術祭は、その土地から導き出される作品を主としているので、とても楽しく参考になるイベントなのでお勧めです。
作品を巡る為には、車などで集落に行き、その路地を歩き廻らなくてはならないのですが、地域の住民達も僕らがうろうろしていることを楽しんでいるのがこちらにも伝わるし、その作品に参加し、愛している。参加作家達は地域と関わりながら制作をしなければならず、人によっては、住み着いてしまう作家もいるんだとか。
主催者側の地道な行政や住民への理解活動や資金集めを考えると途方もないものだと想像できるのですが、2回目から3回目までの間に洪水や震災を経てきた地元が今回もこの祭りを受入れ、協力し、楽しんでいる。さらに、住民がその作品を「育てている」。これほどまでアートの力というものを感じることのできる機会は滅多に体感できません。
利害関係のない、アートというものを介して街が人が繋がり、かつ、そして個々が元気になっていく。経済的な効果としてはまだ現れるものではありませんが、この地域は即時的な時代の流れに呑まれ、衰退するような方向から脱却しつつあるのを感じます。
すごくうらやましい。いや、どの街でもできることなんです。

http://www.echigo-tsumari.jp/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone