忍者ブログ
栃木県宇都宮市の空間プロデューサーの日々報告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これの続きです。
前回は現状紹介と分析、さらにstudio chora時代のいわば自主提案について書きました。
その後、chora cafeの報告会を開かせて頂き、商店街の方々にソフトを含めたリノベーション素案を
プレゼン。
一ヶ月間多くの訪問者の方々と対話し、我々なりにこのエリアの可能性を既存建物を利用することで切っ掛けをつくり膨らますことができないか、と考えたものです。

耐震に関わる柱壁を残し、スケルトンにした上で、公園と大通りの利点を活かす提案です。
但し、既存が既存な為(築50年)、入居者層を大幅に絞りました。
クリエーター達が住みながら自主改装を進めていき、公園にて随時作品制作や展示を行っていくというものです。それを目当てにまず同類、そして来訪者(ここまでがパフォーマ−)が集まり、絶えずなにかしら行われている状態になってくる。そうなると彼らをターゲットとした商業が自ずと発生し、さらなる来訪者を呼ぶ、というシナリオ。
NYのSOHO、ロンドンのwest endのように、老廃したエリアにまずクリエーターが住みつき、それが関連者を呼び、ある種憧れのエリアとなってくる。それから商業が入り込んできて、綺麗になり地価が上がっていくにつれ、初期入居者は次なるエリアに移動する。その頃にはこれらの老廃エリアは超一級の高級エリアになっているというものです。
魅力ある場所には建物は大切だけど、それ以上に求心力のある「人」がまず必要という提案です。
その舞台となる為には最低限の水廻り設備とむき出しの構造体があれば済む(むしろそのほうが良い)ので、大々的に建替えをしてピッカピカの空間を用意し、大テナントを呼ばざるを得ないというようなハイリスク・ハイリターンの博打にでなくても良い訳です。
「ローリスク・ロングリターン」を目指す。
こんな内容でした。

時を前後して宇都宮市まちづくり推進機構にて「向明公園活用班」なるものが結成されていて、
僕は2003年に参加をしました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新情報
当社も入居するシェアオフィスが2010年4月スタートしました。入居希望の方、連絡下さい。
ユニオン通りにてフリーペーパー制作室を開設。編集&製作協力者、募集中です。
最新CM
[05/11 敬語のマナー]
[10/10 HM]
[09/11 t]
[07/14 ふじぽん]
[07/12 t]
最新TB
(02/11)
(02/11)
(02/08)
プロフィール
HN:
taisei
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
宇都宮のこと、栃木のこと、街のこと、ロンドンのこと、建築のこと、不動産のこと、空間のこと、身体のこと、機能のこと、美術のこと、音楽のこと、映画のこと、妄想のこと、無駄なこと、予期しない出会い/組合せのこと、なんでもないモノゴトに惹かれます。
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone